無料で大学院留学する方法

えー偶には留学の話も書きましょう。

日本に帰ってきて相当な回数「なんでノルウェーに留学したんですか?」と聞かれました。

毎回答えるのに結構疲れましたw

答えは単純。

学費が無料だったからです

アメリカから帰ってきて大学院の学費は出ないよと言われた僕には3つの選択肢がありました。

1.今は諦めて就職する。数年後に大学院へ行く。

2.奨学金を得る。

3.学費が無料な学校へ行く。

3つの選択肢というかは、自分で準備できる経済力という制約条件下に置いて大学院に行かなければ成りませんでした。

多分この悩みに直面する人はかなり多いと思います。

僕にとって1つ目の選択肢は論外でした。この選択肢を取っても、本当に将来大学院に行くとは思えなかったからです。

なので、僕はまず2を選択。

小さい奨学金を得ることは出来たものの、2年の生活費と学費をペイできる程の物を得ることはできませんでした。

そうなると今度は大学院で奨学金や学費無料待遇を得なければ成りません。

しかしここで問題が出てきます。

大学院はより良いレベルの場所へ行きたい、しかしレベルの高い大学院でこそ奨学金を貰うことが難しい。

ランキングに入るような海外大学院の修士で奨学金を貰えるのなんて100人中5,6人だけです。

正直そこで戦って貰える気はしていませんでした。

そしてほぼ確実に奨学金貰えるようなレベルの大学院に行っても恐らく日本のトップの大学院と張り合えるような知識や経験は得られないでしょう。

そんなある日、GRE経由でノルウェーにある大学院から一通のメールが来ました。

調べてみると経済学でのトップランキングに入っていて、ビジネススクールのランキングにも入ってる。
研究のレベルは普通に高くて、ノーベル経済学者も教えてる。
そして学費が無料。

つまり、勉強と研究を高いレベルで行うという目的とそこにかかるコストを最小化したいという条件が見事に合致した場所だったわけです。

正直詐欺のメールなんじゃないかと思っていましたw

すぐに受験する旨をメールで伝え、数カ月後には合格しました。

 

ノルウェーの公立校では基本的に学費が無料で、外国人にもそれが適応されます。

なので、もし留学目的に沿うようでしたらノルウェーの学校を受けてみるのは大いにアリだと思います。(専門によってはノルウェーでは十分な教育が行われてない可能性があるので、そこはしっかりと下調べをしてください)

ちなみにドイツでも結構な割合の大学が学費無料ですし、大学院のプログラムはだいたい英語で行われているみたいです。

 

あともう1つ忘れてはいけない点があります。

ノルウェーでは週20時間までのアルバイトが許可されています。

時給がおおよそ1時間100nok – 150nok(1500円〜2300円)程度なので、バイトすると普通に稼げますw

家賃と食費で大体月7万円程度で暮らしていたので、週10時間ちょっと働けば普通にペイできちゃいますね。

なので、学費無料+バイトをする前提ならば実質的な貯蓄が殆ど無くても留学が可能です。

バイトも都市によりけりですが、観光スポットでは日本人を積極的に雇っている事が多いです。

なので、

「留学したいし準備も出来てる、けれどもお金がない」というそこのアナタ!

是非ノルウェー留学を考えてみてはどうでしょうか?

カテゴリー: 留学, 留学計画   パーマリンク


コメントを残す